お金が無い学生 奨学金制度が抱える問題点

奨学金制度という制度があるよね。お金がない学生に向けて、入学金などを支援してくれる制度やねんけど、最近は奨学金を利用して大学に通う学生がかなり増えているらしいわ。同時に、奨学金の返済を滞納してしまう学生も増えているみたいなんよね。

【奨学金の必要性】
学校に通うには、かなりのお金が必要になるわけやけど学校へ通いながらバイトをする方もおるけど、学生の本分はやっぱし学業やんね。バイトをする時間があるのなら、勉強に勤しみたい方もおるはずやわね。

1人暮らしされている場合であれば、生活費も必要になるしね。親の仕送りも、あてにできないことが少なくないと思うわ。そないな背景もあって、奨学金の利用者が増えているんやね。

【奨学金の問題点】
せやけど、日本の場合、奨学金のほとんどが貸与形式になるんよ。無利子か低金利ではあるんやけど、必ず返さなければならないお金やわね。これが、雇用状況が厳しい時代では、大きな借金になってしまうんよね。無事大学を卒業できたとしても、就職ができなければ負担だけが残ってしまうことになるしね。

【計画的に利用しよう】
無利子の奨学金を受けとったとしても、完済には相当な時間がいるはずやわね。せやから、生活に支障が出る場合もあるんやわね。学校へ通うために奨学金を利用する場合、十分な注意がいるんよ。しっかりとした、返済計画を立てることが必要やし奨学金の返済が滞った場合、法的措置を取られる場合も出てきているから気をつけなあかんしね。

もちろん、全ての希望者が、奨学金を利用できるわけじゃないんよ。成績や家庭の事情によっては、奨学金を受け取ることもでけへんわね。奨学金が得られたら、有意義に感謝して計画的に活用するべきやね。
103898

にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログへ