キャッシングと大口ローンの違いとは?

キャッシングは小口ローンのことで、大口ローンとは目的が異なるんよ。大口ローンの多くは担保・保証人を必要とする商品が多く、さらに目的を指定したローンがほとんどやね。

住宅ローン、事業者ローンなどは目的を限定されるわけやし、多目的に利用することはでけへんねん。それに対して小口ローンのキャッシングは、基本的に用途は問わることはないんよ。

商品により事業資金、おまとめ資金は不可などの条件もあるねんけど、それ以外の目的には自由に使えるわけやねん。キャッシングは多目的の代わりに金利が少し高めやけど、限度額も少額なので借りすぎなければ問題ないねん。
総量規制による融資制限もあるさかい、借りられる金額は最高で年収の3分の1までとなっているんやけどね。昔のような高額融資は無理やけど、借りすぎ防止効果は高いし、安全性も高まったと言えるやろね。

金利は大口ローンよりは高いねんけど、10年前と比較すると数%も低金利になってるさかい、月々の利息はかなり軽減されるようになったんよ。
103734

にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログへ