キャッシングの種類

誰でも急に現金が必要になるときというのがあるわな。未来に起きるすべてのことが予想できるわけはないから、お金がかかる場合も当然あるやろうし、その為の現金を用意出来ない場合も絶対あるはずやわ。ぶっちゃけ、そんな時に一番役立つのがキャッシングやと思うねんな。

一般的にはキャッシングの定義は「金融機関が個人に対して行う小口融資」の事を指すんやけど、大きく分けて3タイプがあんねん。

まずは、消費者金融系のものでバブルのころはサラリーマン金融って言われていたヤツやね。その後、法令変更により業界自体の体質改善は大きく進むようになって、ほいで二番目に銀行カードローンが該当することになるねんな。

消費者金融系のものに比べると利用限度額が比較的大きくとってあって、金利も低く設定してあることが多いんよ。ただ現金を貸し出しても大丈夫かということを見る審査にかかる時間はけっこう長く必要とされるかな…

ほいで、三番目は信販系のものやね。普段使っているクレジットカードに付いているキャッシング機能の事やねんよ。これ、限度額がかなり低いさかい使い勝手は悪いかもしれへんね。

その時の自分の状況を考慮した返済計画をきちんと立てることで、便利なキャッシングを上手に活用したいもんやね。

092814

にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログへ