絶対にキャッシングの延滞はしないようにしよう!

キャッシングするときの、絶対守らないといけないしてはいけないルール。それは、返済日に返済ができない延滞のことやね。この延滞をしてまうと、その人の信用や大きなリスクを引き起こすことになるわね。そのような事態にならんよう、今回はキャッシングと延滞についてちょっと書いてみるわね。

【遅延損害金の支払い】
キャッシングをし、返済日に返済ができなかった時、通常の利息より高い利息がつきます。この利率はかなり高い利率となります。そのため、その分経済的な負担が増します。

【信用情報】
キャッシングの延滞における最も大きな問題は、信用情報への影響です。キャッシングは、利用者を信用してお金を貸しています。一般社会においても、約束を守るのは当たり前の問題です。

金融機関側も、利用者が返済できないということは重大なこととして考えるからね。こういう事態になってまう、以下の3つのことが発生するんよ。

〈①借入枠が減る〉
信用度が低下することにより、その会社で借入可能枠が減らされます。未返済が支払われるまで、新規の利用ができないです。

〈②強制的な解約・利用停止〉
信用度が会社の基準を下回ると、利用停止になります。利用停止になっても、返済義務は残ります。

〈③信用情報機関に登録〉
大体、3ヶ月の延滞があると、個人信用情報機関という所に登録されます。これに登録されると、新規の借入れは他社もすべてダメになります。キャッシングも当然、クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組むことも出来なくなります。

こんな感じで延滞はとても大きなリスクを伴うわけやね。必ず返済日を守るようにせなね。
080707

にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログへ